トップページNOSAIの事業>園芸施設共済

園芸施設共済

加入対象

ガラス室及びプラスチックハウス。
また、その施設で栽培される内容農作物、附帯施設。

共済事故

気象災害、火災、破裂及び爆発、車両及びその積載物の衝突及び接触、病虫害、鳥獣害など

加入資格

所有又は管理する特定園芸施設の設置面積の合計が3a以上の農家

責任期間

共済掛金の払込みを受けた日の翌日から1年間。
ただし、被覆期間等が周年でない場合は、4ヶ月以上1年未満とすることができます。

共済金額

共済価額(時価)※1×80%※2

※1 共済価額設定準則に従い算定した価額
※2 他の割合を選択した場合はその割合
★ 耐用年数を経過した施設の時価現有率が20%から50%に引き上げられました。
★ 時価額ベースの補償に加え、加入者選択により再建に要する費用まで補償を追加する
  ことができます。(復旧費用)

共済掛金

共済金額×共済掛金率※3

※3 農林水産大臣が定める率(一般に3年ごとに改定されます)
★ 復旧費用部分の掛金は、国庫負担はありません。

農家負担
50%
国庫負担
50%
掛金の半分を国が負担

共済金の計算

損害額×共済金額/共済価額

★ 共済金は1棟ごとに損害額が3万円または、共済価額の1割を超える場合、被害の発生のつど1棟ごとに損害評価をおこない、上記の式で支払額を算出します。

無事戻し金

継続して加入いただいた3年間で共済金を一度も受け取られなかった場合、または、少ない共済金しか受け取られなかった場合には、3年間の農家負担掛金の一部を無事戻し金としてお返しします。ただし、総代会の議決や収支状況によっては、お返しできない場合があります。

その他の補償

撤去費用・復旧費用
(施設本体と併せての加入が必要となります。)

NOSAIの事業一覧

農作物共済
米や麦に被害があった場合に共済金をお支払いします。
家畜共済
乳用牛や食用牛に事故があった場合に共済金をお支払い致します。
果樹共済
かきやうめに被害があった場合に共済金をお支払いします。
畑作物共済
茶や大豆に被害があった場合に共済金をお支払いします。
園芸施設共済
ハウス本体やその附帯施設に被害があった場合に共済金をお支払いします。
建物共済
建物に事故があった場合に共済金をお支払いします。
農機具損害共済
農機具に事故があった場合に共済金をお支払いします。

加入者の皆様へのお願い

全事業におきまして、万が一、事故が発生したらすぐに集落の共済部長・支部長または最寄りの農業共済組合に連絡してください。担当者が現地調査にお伺いいたします。
また、現地調査が終了するまで現場保存にご協力お願いします。

農業共済新聞 web版はこちら
農業共済新聞イメージ 農業共済新聞定期購読の詳細はこちら

家畜診療所

このページのトップへ