ホーム > NOSAIの事業 > 農作物共済

ここから本文です。

農作物共済

加入対象

水稲・麦(秋播き小麦)

共済事故

気象災害、火災、病虫害、鳥獣害など

加入資格

10a以上栽培されている農家

加入申込期間:水稲・・・4月10日~5月30日まで

       麦・・・11月1日~11月30日まで

引受方式

注1:生産量の概ね全量をJA等に出荷しており、その出荷資料により収穫量を適正に確認でき、今後も概ね全量をJA等に出荷することが確実であると見込まれる農家又は青色申告書及びその関係書類により適正に確認できる農家が加入できます。

注2:生産量の概ね全量を原則として過去5年間において、玄米の数量(用途別を含む)及び品位(農作物検査法の品位等検査に基づく検査等級(1級、2級、3級及びそれ以外の別))に関する資料の提供が得られるJA等に出荷しており、かつ今後も概ね全量をJA等に出荷することが確実であると見込まれる農家又は農作物に係る収穫物及び品質が青色申告書及びその関係書類若しくは実測により適正に確認できる農家が加入できます。

責任期間

水稲

本田移植期(直播きの場合は発芽期)から収穫をするまでの期間

発芽期(移植の場合は移植期)から収穫をするまでの期間

共済金額

一筆方式(7割補償)の場合

kg当たり共済金額(※1)×(耕地の基準収穫量(※2)×0.7(※3)

※1 農林水産大臣より毎年、定められます。
※2 その年の天候や肥培管理等が通常のものとして、客観的に期待される平年的な収量
※3 他の補償開始割合を選択した場合はその割合

共済掛金

共済金額×共済掛金率(※4)‐国の負担額

※4 過去20年間の被害率を基に農林水産大臣名より告示され、3年ごとに改定されます。
また、過去20年間の共済金の支払状況により、毎年判定する、個人ごとの共済掛金率が増減する「危険段階制度」を導入しております。

水稲・麦

  • 農家負担50%
  • 国庫負担50%

掛金の半分を国が負担

共済金の計算

一筆方式の場合

㎏当たり共済金額×(耕地の減収量‐基準収穫量×0.3(※5)

※5 6割補償の場合は0.4、5割補償の場合は0.5

一筆半損特約(掛金は追加となります)

農家単位方式(半相殺・全相殺・災害収入共済・地域インデックス)に加入の際、農家ごとに補償割合を下回らないと共済金が支払われませんが、圃場単位で5割以上の減収(共済事故)が見込まれる場合、共済金の支払対象となります。

★ 一筆半損特約は5割以上の収量減が見込まれる圃場について「5割減収」として支払います。この場合共済金は、一筆方式では3割を超える減収部分に共済金を支払われることを踏まえ、2割分(5割減収-3割足切)を支払います。
★ 支払共済金は「共済減収量(農家単位)」と、一筆半損特約の「共済減収量(被害圃場の合計)」を分けて算出し「共済減収量」の大きい方に㎏当たり共済金額をかけて共済金を支払います。

Copyright © NOSAI NARA All Rights Reserved.