ホーム > NOSAIの事業 > 家畜共済

ここから本文です。

家畜共済

加入対象

乳用牛・肉用牛・豚・馬

共済事故

家畜の死亡、廃用、疾病(家畜伝染病を含む)、傷害、火災、気象災害など

責任期間

共済掛金の払込みを受けた日の翌日から1年間

共済金額

① 死亡廃用共済
共済価額
(※1)×付保割合(※2)

※1 個体評価額の合計をもとに、農家ごとに決定します。
※2 補償割合のことで、20~80%の範囲の中から農家が選択します。

② 疾病傷害共済
期首の引受価額×傷害共済金支払限度率

★ 補償割合100%上限で組合員が選択します。

共済掛金

共済金額×掛金率(※3)‐国庫負担掛金

※3 過去3年間の被害率を基に農林水産大臣名より告示され、3年ごとに改定されます。また、過去10年間の共済金の支払状況を加味し、個人ごとの共済掛金率が増減する「危険段階制度」を導入しております。

★ 死亡廃用共済は、引受時に期末までに飼養が見込まれる家畜の申告を基本とし掛金を納付いただきます。期末時には、飼養実績に基づいて掛金を再計算し、差額を徴収又は返還いたします。
★ 疾病傷害共済は、共済掛金期間が始まる時点で、飼養している家畜の頭数、月齢に基づきます。期末調整はありません。

  • 農家負担50%
  • 国庫負担50%

掛金の半分を国が負担。ただし、国庫負担限度あり。

共済金の計算

死亡廃用事故

(家畜の価額(※4)-残存物価額等(※5))×共済金額/共済価額
※4 固定資産的家畜については、期首時の月齢による評価額、棚卸資産的家畜については、事故時の月齢による評価額を家畜の価額とします。
※5 廃用家畜の肉皮等残存物の評価額、補償金等を指します。
★ 過去の被害率等から年間の支払共済金に限度が設けられる場合があります。
★ 期末調整により掛金に差額が生じた場合、共済金の変更がある場合があります。

疾病傷害事故

契約ごとに定められた限度内であれば、NOSAI獣医師(嘱託・指定獣医師等含む)の診療を無料で受けられます。
★ 令和2年1月以降は、初診料を含む診療費のうち9割が補償され、1割が自己負担となります。
★ 家畜の個体情報は、農家の帳簿、現地確認及びトレサ情報により確認します。

Copyright © NOSAI NARA All Rights Reserved.